Close

スキルアップを図りたいなら

Javaには、大規模から小規模まで幅広い規模の案件があります。そのため、エンジニアとして働くのであれば、Javaは必須スキルといっても過言ではありません。Javaエンジニアとして活躍する際には、その案件の多さから会社員だけではなく、フリーランスを選択することも可能でしょう。
Javaは、官公庁や銀行系の現場で使われることが多いプログラミング言語です。それ以外にも、スマホのアプリ開発やWebアプリにも使われていて、需要は高まる一方といえます。しかし、Javaエンジニアとしてさらにスキルアップをしたいと考えているなら、ただJavaがプログラミングできるというだけでは難しいでしょう。
Javaエンジニアとして成長したいのであれば、フレームワークやサーブレットも使いこなせた方が、よりエンジニアの価値が高まります。Javaのフレームワークでおすすめなのは、SpringFrameworkです。Javaのフレームワークの中では圧倒的にSpringの需要が高く、Javaで作られたサービスは大抵Springが使用されています。
また、サーブレットもJavaエンジニアとして欠かせない知識の1つです。JSPと呼ばれ、これを使えばPHPのようにhtmlへJavaのソースコードを埋め込めます。サーブレットはJavaで作ったバッチファイルを活用できるため、サーブレットに関する知識があれば作業をより効率よく進められます。