Close

Javaをプログラミングする時の注意点

データ容量を抑えたり、短いプログラムでさまざまな動作ができたりと、現在も高い需要を誇っているのがJavaです。案件によって、ブランクやスペースの使い方が異なっていたり、特定のメソッドが使用できなかったりする場合があります。細かいルールが定められているので、Javaのプログラミングをする時は、必ずルールを守らなくてはいけません。
しかし、中には自分の手癖でプログラミングをするJavaエンジニアもいるのが現状です。ルールを守らなければ、テスト時にエラーが多く発生したり、クライアントからクレームを受けたりすることは避けられないでしょう。そこで、誰にでもわかりやすく、シンプルにプログラミングをすることが大切です。
短いソースコードにまとめられれば、そこまでJavaの知識に長けていない人も理解できます。また、自分が案件から抜けなくてはいけない時、他のエンジニアに引継ぎやすくなることもメリットでしょう。同時にコメントを上手く活用すれば、どのような動作をするプログラミングなのか速やかに把握することが可能です。面倒かもしれませんが、コメントを毎回プログラミング時に残すことで、エラー時も素早く修正できます。
加えて、丁寧なエンジニアとして印象を与えることもできるでしょう。周りのエンジニアから、高評価が得られるかもしれません。高評価が得られれば、収入がアップする可能性も高まります。Javaエンジニアとして収入をアップさせたい場合は、こちら(http://javanosusume.biz)もチェックしてみるといいでしょう。